はすお/diary

日記を書いていくブログです。良いこと、悪いこと、できるだけ本音をかこうと思います

好きだった人

今日はすこしずつだが、仕事がスムーズになってきていると感じた。

 

昼休憩中、何気なくSNSを見ていたら、大学生のころに好きだった子が結婚式の写真をアップしていた。もう過去のことだと吹っ切れているがショックを受けてしまった。

 

今思い返すと、今まで好きになった人の中で一番好きだったかもしれない。

 

出会ったのは大学三年生のころ、就活に有利だという理由で環境保全ボランティア合宿に参加した。3泊4日だったと思う。

 

このボランティアは、全国の学生に参加を呼び掛けていたのか、全国から多くの大学生が参加していた。そこに彼女はいた。

彼女と出会ったのは2日目だった。現地で環境保全活動の実習のためにバスで現地に向かった。

そのバスで出会った。目が合った瞬間「きれいな人だなー」と、

 

そのときは軽く話すくらいだった、話しているうちに奈良県の人だということ、次の日のグループワークも一緒だということが分かった。

 

グループワークの日、話しているうちにその人柄に魅了されていった。

僕は、人に会うのが苦手、自分から行動を起こせない、何かを一生懸命努力して成し遂げた経験もない(だがオタクではない)。

彼女は僕にない多くのものを持っている人に感じた。

もう断片的にしか覚えていないが、彼女はよく、「人に会うのは楽しい」と言っていたと思う。

人に会うのが苦手なじぶんからすれば、どういう意味かわからなかったが、ただ、素敵だと思った。

 

ボランティアが終わり、彼女が奈良へと帰ってしまう。。僕は東京、何とか連絡先はゲットした。

 

何とかしなければ・・・東京と京都で飲み会をやらないかと提案してみた。

人生でこんな思いきったのはこの時だけだ。

 

彼女は話にのってくれて、二人で企画をして1日目に東京と2日目に京都で飲み会をすることになった。

 

また出会うチャンスが来たのだが、1日目は緊張してなかなか話せなかった。

 

2日目の京都の時についに二人きりで話すことができた。

 

思い切って「彼氏いる?」と聞いた。

彼女はいると答えた。

 

その時に、

「そうか!もし結婚したらおしえてよ」と本心ではないことを言ってしまった。

 

なんで、正直にダメでも本心をつたえられなかったんだろう。このことは今もはっきりと覚えている。

 

彼女と時間を共にしたのはたったの3日くらい

 

それから、会うことはなかった。今思い返すと、もう何を話したかもあんまり思い出せない。

でも、すごく親切で、優しい人だった。今も憧れさえあるし、僕の理想の女性像の一部を作っている。

 

あと「人に会うのって楽しいやん」て

どういう意味で言っているのか聞いとけばよかった

 

そんなことを思い出した昼休憩中。懐かしい。

自分はあの時から何も変わっていない。少し老けたくらいか

時間は進んでいるんだな。

 

時間は返ってこない。

すごくいい勉強だ

 

 

 

 

 

 

 

広告を非表示にする